読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミホシプラネタリウム

アイドル・非アイドル・二次元についての忘備録

超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE 2015 Fantasy Love Train ~君の元までつながるRail~ 12/23 国立代々木競技場第一体育館

参戦してきました。

実は去年のクリスマスライブも参戦して、そのライブDVDもちゃんと買っているんですが、なかなか感想の記事が書けなくて……。
とりあえず、4ヶ月ぶりの超特急でした。代々木体育館第一って聞いた時は、埋まるのかな〜って心配だったのですが両日完売したみたいでなによりですね!私は初めて代々木体育館第一に足を踏み入れたのですが、すっごい広いですね。ライブ中ふと周りを見渡すとペンライトがすごい綺麗でした……超特急も大きくなったなぁ。
 
座席はアリーナでした。チケットを発券した時には喜んでいいのか悪いのか分からないアルファベットだな〜って感じだったのですが、その後色々調べてみたら配置によっては雰囲気を楽しむだけのライブになりそうだというのことに気付いてショック。まぁ推し事サボり気味だし、ローチケと相性悪いからしょうがないかなと思っていた時に、ステージは8の字構成と聞いて微かな希望が生まれました。そして迎えた入場……なんとサブステの目の前でした。あんなに近距離でメンバーを拝めたのは初めてでした。みんなかっこよくて、すごい幸せで、おかげでライブは楽しかったって心から言えるものになったと思うんだけど。もし、もっとメンバーと距離がある席で楽しめたかというと……。 私はパフォーマンスをしてる超特急が好きなので、どうしても物足りないと感じる部分が多かったです。ステージの構成上、移動が多いのは仕方ないし、電車を使ってのパフォーマンスもメンバーが熱望していたものみたいだからあれだけど……欲を言うと踊ってる超特急をもっと見たかったな。トランポリンを使ったバスケのコーナーもめちゃくちゃ盛り上がったし、メンバーすごい!!ってなったけど、どっちかって言ったらライブというよりファンクラブイベントぽいな〜と。司会のヒャダインさん(パフォーマンスをしないメンバー以外の人物)がステージに出てきたのも相まってね。それが超特急らしさと言われたらそこまでなんですけど。
あと、これだけははっきり言わせてもらうと待ち時間に流れていた映像が退屈でした。あのカラオケで童謡歌った時みたいなムービーは何とかして欲しかったです。だったら、途中で流れていた過去のメイキングとかもっと見たかった。そして初日はアンコールがありませんでした。開演時間押したり、バスケで時間取っちゃったからなのでしょうか……二日目は一曲だけやったみたいですが。アンコール見たかったなぁ……ライブTシャツを着てるメンバーを見て帰るのがライブ(超個人的に)なので、それだけで不完全燃焼という感じがしました。カイさんが自分でデザインしたグッズのヘアゴムとか付けてるの見たかったです。
 
過去の映像が大画面で見られたのと、Starlightで手書きのメッセージが映し出される演出はすごい素敵でよかったと思います。あと、ダンスシーンでスクリーンに映っている自分とコラボをして踊っていたところ。超特急のダンスと映像(プロジェクションマッピング)の組み合わせはいつもワクワクするので、もっと色々なシーンを見てみたいな〜。
セトリは、いっきビリビリキスミーなど割と定番曲が抜けててちょっと驚きましたが、個人的に好きなNMCわんおーDowが聴けて嬉しかったです。(でもやっぱりDowはダンスが見たかった……)
 
やっぱり超特急はダンスボーカルグループじゃん!パフォーマンスで魅せてよ!って思うところがあるのです。去年のクリスマスライブがよかったらから特にそう感じるのかも。だから代々木はすごく楽しかったけど、ちょっともやもやします。超特急があんなに大きなステージでやったのは初めてのことだし、このライブはメンバーの意見も大きく含まれてるとのことなのであんまり言えないんですけど。自分がトロッコ、ステージ、通路にかすりもしない席であのライブを見たらどう思うんだろう……。
 
あ〜!超特急のことになるとつい愚痴っぽくなってしまう……!!ので、ひたすら楽しかったですバスケのシーンについて語って終わりとします。
とりあえずあのコーナーはタカシくん応援したい欲がすごかったです。事前練習のトランポリンでヲタクを心配させるタカシくん。なんか失敗したら凹んじゃう姿が容易に想像できちゃって、周りに7号車推しも多かったので、頑張れ〜とペンライトめっちゃ振ってました。色、白じゃなかったけど。タカシくんの応援したいと思わせる末っ子感やばい!その後、メンバーで円陣を組むとき、シャツがめくれて背中に付けてた機材が見えちゃってる時にファンから何故か黄色い声が湧いて、それを直す時にまた歓声とともに可愛いという声が聞こえてましたね。(肌が見えてた?)私も分からないけど可愛いって思いました。
あと、グッズのパンフレットはすごいよかったです、インタビューも写真も……買ってよかった〜。実は11月のファンクラブ継続はとても迷いながらやったのですが、あのライブに行ってパンフレットを見て、継続してよかったなと思えました。
 
春ツアーは行けないので、これでたぶん超特急はしばらく見納めです。色々言いましたが、代々木に行けてよかったって心から思っています。とりあえず、次のニューシングル、タクちゃんセンターのウエディングソング!楽しみにしています!!

BULLET TRAIN ONEMAN SHOW SUMMER LIVE HOUSE TOUR 2015 ~fanfare to you.~≪追加公演≫ 8/28 渋谷公会堂

に参戦してきました。

ブログの更新頻度を見れば一目瞭然なのですが、最近超特急に関して時間を掛けていません。興味が薄れたのは、今は他のグループやジャンルをゆるく追いかける方が楽しいということ、楽曲が自分の中でハマらなかったというのが大きな理由です。メンバーもダンスも、ボーカルの声も好きだけど、同じくらいまたはそれ以上に「曲」が好きなのかもしれないと考えていました。

 

 

渋谷公会堂はよく聞く会場名ですが、今回初めて入りました。春ツアーを締めくくったホールであるNHKホールと結構近いんですね。訪れた時は気付かなかったのですが、12月にライブを行う代々木第一体育館も近くにあるなんて……またクリスマスライブには参戦する予定なので、馴染み深い場所になりそうです。

ここからは曲に沿って感想を。最初に言っておきますが、かなりうっすーい内容になってます。

01. Shake body

最初は場の雰囲気というか、あぁ超特急のライブに来たんだなぁということをしみじみと感じていましてメンバーをあんまり見ていませんでした(笑)

02. Superstar

ここら辺で自分の知らないコール(合いの手?)があって、ちょっと現場との距離というか熱量の差を実感します。

 03. Make it hot!

やっと乗れてくるようになった頃。初めて彼らを生で見たZepp夏ツアーを思い出しながらペンラ振ってました。

04. バッタマン

最近の曲では一番好きかな。「はちごうしゃあああ」の叫びはユースケがやっていたの?とりあえずモニターに抜かれた変顔が相変わらずひどくてお見事です。(嫌味じゃなくて本当に褒めてます!)年下組のキス間近な接触シーンは何故かコーイチさんを見てて見逃しましたクソッ。

05. スターダスト LOVE TRAIN

実はバッタマンに比べるとあまり自分好みじゃなかったのですが、初めて生で聞いた感想は「これってこんなにいい曲だっけ?」です。現場で映える曲なのかな、テンポのわりにペンラの動きもよくて盛り上がっていた印象。振りがカッコよい。タクちゃんは自分がセンターの曲では魅力が三割増しになる気がする。

06. We Can Do It!

これは夏ツアーの演出が大好きでした。でもあれは、プロジェクションマッピングがすごすぎて振りがよく分からなかったので、今回ちゃんとダンスを見れてよかった。セクシーなシーンでは表情豊かで大人な魅力があるカイさんに目が行きます。

07. Kura☆Kura

ペンライト回すのが楽しすぎてあまり覚えていません……

08. Kiss Me Baby

曲に入る前になにやらユーユー(ユーキ・ユースケ)コンビのいちゃいちゃが始まり、何だ何だと真顔になってしまいましたが、場位置に移動させたというオチ。「キスミーベイベ」のユーキさんの表情すごく好きです。口元は笑ってるのに、冷たい三白眼。

09. Secret Express

カッコイイ曲なのにライブでやるとすごく盛り上がってヲタクくさくなる、そんなシーエクが好きです。この前のMC(声だし)であざといアピールをしたタクちゃん、ファンを弄んで嬉しそうでした。8号車も幸せタクちゃんも幸せ。これがWin-Winってことなんですね!

10. Summer love

これもほとんど聞いたことがなかったのですが、アイドルちっくでキラキラしてて、こういう曲も楽しいですね。振りが可愛かった。

11. Pretty Girl

これも夏ツアーを思い出す……振り返ってばっかりですが、アクロバットをしてフードをかぶっちゃったユーキさんがコーイチに外されて頭をわしわしさせられた時のあの顔が!!忘れられないのです!!

12. EBiDAY EBiNAI

これはやっぱりボーカル組の声に聞き惚れる曲です。ラストサビ前コーイチさんソロパートで彼の声、やっぱり好きだなと再確認。

13. One life

恥ずかしながら音源を持ってないので、春ツアーで披露してなければ初聴きです。リョウガさんが一番好きな曲なんですね。今度MP3買います……

14. Billion Beats

生で聴くと歌詞の内容がしんみりと、さらに心に深く入ってくる。好きな曲です。サビでメンバーがステージのギリギリ前まで来てくれて上を見ながら踊ってくれたのが嬉しかったなぁ。

15. fanfare

初めて聴きましたが、まさにエールを貰える元気な曲です。センターは誰だったんだろう?この曲はどこに収録されるの?と情報弱者に成り下がった私はふと疑問に思ったのでした。

16. Burn!

春ツアーで初めてパフォーマンスを見たとき、正直この振り(特にサビ)はあまり好きじゃなかったんです……でも今回やってみると意外と楽しかったので、こういうのも有りなのかなとすんなり受け入れられました(単純)。間奏明けのパートは、毎回じゃんけんで勝ったメンバーが歌えるんですね??今回歌ったのはユースケでした!推しが勝った公演を見れたのも嬉しかったし、ユースケがすごく楽しそうに歌うのでこっちまでニヤニヤしてしまいました。

17. Beautiful Chaser

ここからアンコールです。ドラマのタイアップにもなっててアー写もカッコいい、ユーキさんセンターってことで勝手に色々期待していましたが、自分の中ではハマりませんでした。生で見てもやっぱり振りが……気になっちゃいます。ギターの音がすごく、カッコよかったです。

18. Signal

この曲もちゃんと聴いたのは初めてで……大切なアンコールなのに……。音源チェックして聴きこんでおきます。

19. 走れ!!!!超特急

もうライブでは定番!電車ごっこの振りが本当に大好き。この曲は生に限りますね。とか言いながら感想少ないんですけど……

 

MCでは、自己紹介で聞き慣れないワード(ユーキさんのアイムハッピー!など)があって、不安になったものの面白かったです。タクちゃんがあざといキャラになったな、と感じたのですが、前からあんな感じでしたっけ?

最期のMC?でコーイチさんが「また福岡にラーメン食べに行きます!」といって「福岡だけかよ!」とみんなから突っ込み。「じゃあ北海道に……バター食べに行きます!」とのボケにはタカシが「濃厚すぎるやろ!」という突っ込み?(可愛かった)を入れる。それに対してカイさんが「濃厚すぎるってなんだよ!」と言ってて面白かったです。あとは、大阪の8号車はすぐ言い返す(口が悪い?)、と言われてタカシが「ちょっと~大阪のみんなも見てるんやから~」みたいになってたところすごく可愛かったです。

あと、一番心に残ってるのはコーイチさんが結構いい事を言ってる、静かに聞くような場面でちびっこ8号車ちゃんが声を上げちゃった時、「俺の話分かるん?何才かなぁー3才くらいかなぁ?うちのタクちゃんと同じぐらいやなぁ」と言って微笑んでてすごい機転がきく人だなぁと感心してしまいました。子どもだからしょうがないと思いつつも、気になっちゃう8号車も居たと思うんです。でもそれを、誰も傷つけないで空気を変えて笑いにするのはすごいなと。なんだかんだ一番印象に残ったのはこのシーンかもしれません(笑)

最後の一人ひとりの挨拶、「じゃあ一人ずつ一言言っていきましょうか。あぁ俺からか一号車やから(笑)」とギャグから始まった。大切なことを伝えるコーイチさんの落ち着いた声が、自分の中ではライブを楽しむ心からメンバーの話を聞く心構えに切り替わるスイッチなんです。コーイチさんはいつも「これからも着いてきてください」って言ってる気がするな。文字だけ見ると、俺たちがファンを引っ張る!という男前な発言にとらえがちだけと、すごく優しいトーンで言ってくれて、この言葉を聞くたびに好きになってよかったなと嬉しくなります。

「何公演と続けてやっていても、僕たちのライブを初めて見る人がいるから一回一回をきちんと大切にしないといけない」と語るカイさん(ニュアンスです)。カイさんの言葉や考え方が好きなので、もっと超特急の色々なことについてどう思っているのか聞きたいですね。

ガリガリーダー・リョウガさんの一言はダイエットトレーナーのアドバイスみたいでした(笑)こういう最後の言葉があってもいいよね!このツアーでガリガリになれなかった人はまたライブ来てくださいとのことです。

タクちゃんは「ライブの間が結構空いていたので色々考えることがあった」と言っていて、そこがすごく気になりました。意外だったのは「代々木が心配」発言でした。タクちゃんには天才肌で容量がいいイメージがあったから、そういうことをあまり深く考えないでいると思ってたので……。やっぱりインタビューとか、文字を通してメンバーの内面をもっと知りたいと感じました。

ユーキさんが涙をにじませながら喋る言葉は誤字脱字満載のブログで綴られるものとまさに同じで、ユーキさんらしい単語選びの中に確かな努力と向上心が垣間見えました。

1日目足を攣ってしまったことを「みっともなかった」と強く言い切ったユースケ。彼は泣かなかったですし、多くを語らなかったと思います。どんな気持ちであの場所に立っていたんだろう。

タカシの「高校を卒業して、初めてのツアー」「超特急1本でやってく」という言葉に、彼らはそういう職業・プロの道を選んだんだなぁと実感しました。地元を離れ、一人暮らしを初めたタカシだからこそ、地方公演の楽しさをより感じられたのかもしれません。

 

 

今回のライブではファンの一体感というのも、自分の中で楽しめたのかなと思います。コールとか正直苦手だけど、8号車さんの声掛けとペンラさばきが揃っているのを見聞きして、自分の中のテンションが上がっていくのに気が付きました(笑)ペンラまわすのすごく楽しかったなぁ。

 

最近超特急について、積極的に情報を得ようと動くことがなくなって、前は写真一枚見ただけでも「○○のこのポーズかわいい!髪型似合ってる」とか散々語れるようになってたのに、最近は「おーやっぱカッコいいなぁ」の一言で済んでたりして。それがヲタ卒というのか、そもそも私は本当に超特急ヲタだったのか、それは分からないけど、熱度に差はあれど彼らを応援しつづける、ファンであることには変わりないです。次に彼らを生で見るのは12月です。とてつもなく広い会場で、どんな彼らを、どんな自分が見て、どう感じるのか……楽しみです。

BULLET TRAIN ONEMAN SHOW SPRING HALL TOUR 2015“20億分のLINK 僕らのRING” 4/1 NHKホール

natalie.mu

 

4月1日に渋谷のNHKホールで行われた超特急のツアーに参戦してきました。

超特急に会うのは去年のクリスマスで国際フォーラムにて行われたクリスマスライブ以来。色々な理由で元々現場に行く回数が少ない上、ここのところ他の趣味に夢中だったこともあり、当日までライブに行くという実感があまり湧かないまま都内に赴きました。

 

物販の整理券が11時くらいから配布していましたが、私はそれには加わらずに(かつて?)流行りのパンケーキ屋さんの行列に並んでいました。

前回、国際フォーラムでは開場後の物販はほとんどが売り切れで、買うつもりもなかったズラ……スタギアの生写真だけ手に入れるという失敗を経験したので、パンケーキ屋の列並んでいる途中は頭の片隅でグッズの心配をしていたのですが、結果からいうと杞憂でした。どのグッズも売り切れなしで購入することが出来たので、そこはよかったなと思っています。

 

流行りのパンケーキを食べたり、服屋を見たり、代々木公園で桜を見たりと、全くライブ前のヲタクらしい行動をせずに開場30分前を迎えてNHKホール前で待機していました。

することもなかったので、門の前にたくさんいる8号車さんを眺めながら友達と話をしていました。身につけている推し色を見るとやっぱり黄色が多いな〜という印象を受けましたね。

 

しばらく待機した後、開場待ちの列が出来ていることを知って並ぶことに。私たちが加わった時にはもう結構な人数の人がいました。この行列は一体いつから出来ていたのだろうかと疑問を抱きつつ並んでいると、ほどなくして開場。

入口でフライヤーの入った袋とピンポン玉を受け取ります。このピンポン玉は後々ライブで使うことになるのですが、渡された時はどうしてピンポン玉?と不思議でしかなかったです。

物販列の流れは意外と早くてわりとスムーズに目的のものを買うことが出来ました。私が買ったのはペンライト1本、パンフレット、生写真を1弾ずつ。他の8号車さんと比べたら出費は少ない方かもしれません。それだけでも5000円は越えるので、推し事は懐には厳しいですね。

 

グッズを買ったあとは待ってくれていた友達と合流し、席に座りました。今回の座席は2階の真ん中あたり。実は前回の国際フォーラムがすごく良い席だったし、初めての2階参戦ということでとんでもなく遠いというイメージを持っていたんですよ。けれど、実際座ってみるとそうでもなかった。疎外感もないし、むしろ俯瞰する形なので全体を見ることが出来るのでこれもありかな?と思いました。

 

買った生写真を開封したり、ピンポン玉にメッセージを書いていながら開演を待っていたところ、突然黄色い声。席が近くの8号車さんたちは立ち上がって歓声を上げペンライトを振っていました。「瑞生」という名前があちこちから叫ばれて、その時私はようやくみんなの視線の先にいる男の子たちが超特急の弟分「M!LK」のメンバーだということに気が付きました。もう、とにかくすごい盛り上がりでした。「M!LKだ!!!」という声が私の耳には全く聞こえず、メンバーの板垣瑞生くんの名前を呼ぶ声が非常に多かったです。かくいう私も瑞生くんが在籍しているグループという認識しか持っていないので、偉そうな口はきけないのですが、もっとグループ自体や他のメンバーも目立っていけたらいいですよね。

 

そんな出来事を体験したあと、ライブが開演。今回のテーマは宇宙旅行で、ステージの造りや衣装にも宇宙感が出ていました。セトリや詳しい流れはナタリーさん等に掲載されているので書かなくてもいいですかね。

ゼップツアーにて間に流れていたムービーでやったことを生でやる感じのところが多くありました。ライブとしては途切れ途切れな印象を持ってしまいましたが、途中で飽きたり冷めるようなことはありませんでした。ただ、こういう演出もたまにはいいかなーっというくらいに私は捉えていました。時間が経った今振り返っても、構成や見た目だけが頭に残って、メンバーのダンスとか歌とかあまり覚えてないんですよね。ライブに行った感が少ないように感じました。

でも、メンバーが3・3・1に分けてパフォーマンスするのはすごく面白かった!!!バッドボーイズは歌詞の内容が面白いし(8号車なんて知らねぇ、口うるさいマネージャーなんて知らねぇ みたいなこと)、コーイチの歌声はもちろん、カイさんのラップにリョウガさんのイケボがすごいよかった。もうあの曲のフル聴きたい!!!ヴィジュアルも最高でした。田舎のヤンキーみたいなコーイチ、都会の路地裏で危ないことやってそうな(?)カイさん、完全にお金の臭いしかしないあちらの世界の住人ぽいリョウガさん!!

Perfumeきゃりーぱみゅぱみゅを連想させる女性アイドルグループ、コロンに扮したのは、ユーキさん、ユースケ、タカシくんの三人。ユーコ、タカミはもう安心して見れますね。特にタカミは二階から見たらもう本当に女子にしか見えませんでした。女の子らしいポーズでジャンプをする振りがあったのですが、タカミはちょっとぎこちなくてもうそれがすごい可愛かった。ユーコは場数を踏むたびに、より女性らしくなっている気がします。ユーキには是非、そっちの道(?)も極めてほしいですね。ユースコ(すごい名前)は振りが男らしかったですね。ウィッグが合わなかったのか、途中で外してそれを片手に踊っていました。

あとは何と言ってもタクちゃんのソロ歌唱。しかも演歌チック!演技を含め、4号車推しの方々にとってはすごい多幸感だったのではないでしょうか。歌は微妙な音痴具合が可愛くて面白かったし、演技パートでは役者としての一面を見ることができました。実はこのライブに参戦したあと、一番気になったメンバーはタクちゃんかも、っていうくらい私の中でキテましたね。元々、タクちゃんのキャラとか踊っている時の表情がすごい好きだったのですが、パフォーマンスを見てる時ぼんやりと「あぁ、緑のペンライト振りたい」と考えていました。

とにかく、この2つのグループと歌うタクちゃん見たいので、円盤買いますね。今回の笑いメインな方向に限らず、真面目な雰囲気の中でもこういう風に7人を分けて楽曲を披露するっていうのも今後やってもらいたいです。

あと、衣装チェンジの時のムービーもよかったです。メンバーが号車の数を手で示して、戦隊もののように変身していました。リョウガさんだけ愛犬・ティアラの写真ていうオチもよかったし、メンバーの素肌(ただし肩まで)が見えるところでは興奮した8号車の声がホールに響いていました。腹チラと思わしき写真もブログではスタンプやキラキラで隠される待遇を受けてますからね。ご褒美感覚ですね。ただこれだけは言わせて下さい。衣装ダサすぎ!!!!8号車カラーのピンクを入れたいのは分かるけれど、配色も微妙だし、何よりスカートみたいな丈の長いトップスが個人的にNGでした。このガンダム的な制服に限らず超特急の衣装は、むしろ「かっこいい!!!」と思ったものの方が少ない気がします。あんなにダサい衣装でも超特急はかっこいいよ!!!っていうのを狙っている、もしくはももクロの弟分ということを意識して色物に走っている……というのは私の妄想ですが、衣装ってやっぱりすごく大事だと思うから、もう少しいい衣装をお願いしたいです。

 

ライブに話を戻しまして、今回のユニット分け以外の見所と言えば、メンバーが客席に降りてくれるところではないでしょうか。開演前に8号者が推しメンにメッセージを書いたピンポン球……もといエナジーボールを、「ikki!!!!!i!!」の途中でメンバーが栗拾い用みたいなカゴを背負って回収しに来てくれました。すごいのは、メンバーが来たのが1階だけではないというところです。これはステージから離れた座席のファンには嬉しい演出ですよね。私のいた2階にはリョウガさんとユースケが来て、エナジーボールを回収していきました。席の近くに来たのはリョウガさんだけで、且つすぐ横を通ったという訳ではないのですが、やっぱり間近で見るとイケメンだなぁ、としみじみ思いました。ただ、回収に時間が掛かってしまい、中だるみした印象はあったかもしれません。一番早くステージに戻ったコーイチが掛け声を出すように客席を煽ったり、タカシくんと二人で声出し合戦みたいなのもやってくれましたが、ワンパターンだし、客席にいるメンバーが気になったり、疲れもあって余計時間が長く感じてしまいました。けれど、これはしょうがなかったんだろうな。ステージからの移動や8号車を気にしながら会場全体を回るのはすごく大変だし、ピンポン球といえどあれだけの量を背負うのは重いし、間を持たせるのも難しいですよね。

エナジーボールはおよそ3600人の中から選ばれた1人の8号車さんのものが推しメンに読み上げられ、後日Twitterでもいくつか画像つきで紹介されていました。私は本当に一言しか書かなかったのですが、8号車さんの愛のこもったエナジーボールを見て、もっとちゃんとしておけばよかったなぁとww

 

そしてこの日の公演では超特急初の主演映画「サイドライン」の制作決定が発表されました。その日はエイプリルフールだったので、普通に冗談だと思い込んでいたのですが、本当でした。果たして超特急に演技は出来るのか、この公演の劇パートを見た限りでは不安しか感じられないメンバーもいるのですが……どんな作品になるのでしょうかね。メンバーの演技力だけでなくストーリーも気になります。今秋公開ということで、情報解禁が楽しみです。

 

 

他にも、最初にメンバーが登場したときに謎のお面を付けていたために顔が全く見えずノリ遅れたり、ユーキさんの跳び箱15段チャレンジに興奮したり、胸キュン台詞に笑いながらも「どうしてボーカル二人は言わないの!?」と密かにむくれていた、という話がありますが、割愛します!「Burn!」と「What's going on?」の振りがコミカルすぎてビックリしたこと、「Billion Beats」の振り付けが国フォと変わっていると気付いたこと、というのも今更思い出したのですが割愛します!パンケーキうんぬんより、そっちの方が大切ですが、長くなるし気力もないので(小声)

 

さて、振り返ってみると文句しか書いてないようですが、ライブすごく楽しかったんです本当に!!!7月のツアーも参戦する予定なのですが、今度はどんなテーマや構成になるのか今から楽しみです。

ブログの方はもっとこまめに更新することを目標に!ツアーパンフレットの感想とか書きたいなぁ……。

ただの近況報告ですが

ずいぶんご無沙汰しております……。最後の更新がほぼ10月。年も明けて、約3ヶ月間更新をサボっていました。というか正直なところ、ここの存在すら忘れていました。思い出した時にはここも静かに消してしまうか、このまま放っておいてしまうか、なんて考えも頭に浮かびました。でもそれをしなかったのは、何の前触れもなく急にネット上に居場所を残していながら消えてしまうのがいやだったし(このことについてはまた追い追い)、このブログのメインテーマであった超特急を始めとするグループについてまだ書きたいと思うことがたくさんあったからです。


Zeppツアー追加公演で初めて生の超特急を観てから色々なことがありましたね。スターギアー・えびでいえびないリリース、あとは……タカシが黒髪に戻ったり、ニコ生やったり?…ぱっとしたことがすぐに出てこないのはこの間で私の超特急熱がすこしクールダウンしたことによるものなのですが。きっかけはただ単にバイトが忙しいこと、それとたまーにやってくる邦ロックブームが重なって一ヶ月以上ブログ閲覧を放置するくらいには下火になってしまったのです。

しかし私はどこまでも単純らしく、忘れた頃に発券し、引き当てた国際フォーラム一階席前方でクリスマスライブを観た時からまた超特急沼に落ちて行ったのでした。


MV感想とかリング感想とか今更クリスマスライブレポとか、超特急に限らず色々書きたいことがあります。しかし本当に更新出来るのかは決して定かではありません……。ですが、とりあえず書き始めてみようということで需要と供給の流れを完全に無視した超今更な感想文を書いていこうと思います。この記事を最後に更新が途絶えることがないように……。

BULLET TRAIN ONEMAN SHOW 2014 真夏の全国Zepp TOUR ~孤高の戦士達が力を解き放つ時 感電注意報発令!~ 8/29 Zepp Tokyo

こないだZepp Tokyoで行われたビリビリツアー追加公演に参戦してきました!初めての現場だったので雰囲気が全く分からず、ちょっと緊張しながらだったのですが本番が始まるとすぐにステージに夢中wwあっという間に終わってしまいました。

ここで少し自分への記録のためにも感想をば……と思い、曖昧になった記憶を掘り起こしながらレポ的な感じで書きすすめます。もう全公演終わったので大丈夫かな、とは思うのですがネタバレはする予定なので円盤化されるまで知りたくない!という方は気をつけてください。途中で、これレポならナタリーさんあるなら書かなくても……と気付いてしまったのですが、せっかくなので載せます。

 

続きを読む

超今更「バタフライエフェクト」ついて少し

最後の更新が5月!?とんでもなくご無沙汰。実はとうとう最近Twitterに手を出してしまって……あっちは手軽に思ったことを短文ですぐにツイート出来ちゃうし、情報もすぐ手に入るからはっきり言って簡単で楽ちん。でも、長文でがっつり書きたい時も、フォロワーさんの目に触れずにひっそりと語りたい時もある。学校は相変わらず忙しいけど、これからもゆるーく更新していこうと思う。

 

今日は主にカップリングについて書こうと思ってるけど、「バタフライエフェクト」についてまずは感想を少し。

かほりこ初参加のシングルでMVを観るまでは色々不安があったのも事実。でも不思議とすんなり受け入れられて、今では立派なヘビロテ曲に笑 メンバーのパート割も均等で全員が等しく魅力的に感じる曲、MVだと思うな。特にお気に入りのアイメイクされたシーンは本当みんなべっぴんさん。   

バタフライエフェクト」でぽーちゃん・りったんのダンス、歌声は初めてだったけど、二人とも声がいいなぁ。前に「りったんはダンスが得意で歌が苦手、ぽーちゃんはダンスが苦手で歌が得意。」っていう理事長のツイート見た気がする(間違いでしたらすみません)んだけど、お互いが真逆だけどしっかりハマってる感じがいい組み合わせだと思う。上手い例えが出ないけれど、凸と凹みたいな……ww今はかほりこと二人で一括りにされることが多いけど、いつかりったんもぽーちゃんも立派に成長するんだろうな、これからの活躍が楽しみだー!

 

「ラブリースマイリーベイビー」

正統派鉄板アイドルソング……大好き。この曲は特にぁぃぁぃ、真山がいいなーって思う。聞いていて元気を貰える歌い方、声。ソロパートもこの二人が多い気がする。  

YouTubeでライブ映像を見たんだけど、この曲は振り付けがすごく可愛いなーと。冒頭の美怜ちゃんとりななんがおっきなハート作るところも好きだし、サビのスカートをバサバサさせるみたいな振りもすっごくキュート。ライブでも盛り上がるみたいだし、ぜひ生でパフォーマンス見たいな。

 

「幸せの貼り紙はいつも背中に」

素敵なタイトル。それだけじゃなくて曲調もこれまでにはなかったエビ中楽曲だな、という印象。りななんの台詞以外は全部斉唱ってところも何かいい。

ライブでは寝っころがりながら歌うそう。エビ中らしい振り付けだなー……また映像は見たことないのだけど、どんな感じなのか興味あり。

 

「アンコールの恋」

これすごく好き!!切ない歌詞なのに、わりと明るめな曲調が「前に進みたいのに後ろ髪引かれる思い」を表現してるのかなと勝手に解釈。

この曲、どこをとっても私のツボなのだけど、特に一押しは「運命ならまた結ばれると」のぽーちゃんパート。彩ちゃん譲りの(?)真っ直ぐ歌唱が心に響く。

あとは歌詞がね……これは恋愛について歌ったものだというのはタイトルで一目瞭然なのだけど、一ファンとしてはどうしても元エビ中三人の顔がちらつく訳で。もうここまでくるとずるい!狙ってるの!?と軽く意識過剰になってしまうというね。

 

アンコールの恋で、ひなちゃんが歌う「時間を出会ったあの頃に戻したいよ」的なニュアンスの歌詞があるけど、メンバーはどう思ってるんだろうか。はたから見るに八人で頑張ろう!と意気込んで前進しているようには見えるけども。横アリと神戸ワールドとキャパの多い学芸会が決まったり、全員出演のドラマが放送予定になったりと、どんどん大きくなってくエビ中ちゃん。正直、今は超特急の方に重心が傾いているけども、これからも応援するつもり!新曲も秋に出るしね!!武道館のDVDも欲しい……

 

たぶん次は超特急のDVD感想かたこ虹ちゃん新曲のMV感想のどっちかかな。バタフライエフェクトはこんな感じでMVについてあまり触れなかったけど、語ろうとするともう8月も終わりそうなのでこの辺で。

たこ虹ちゃんこと「たこやきレインボー」について

虹家族のみなさんへ・・・(奈良崎とわ)|たこやきレインボーオフィシャルブログ「まいど!おおきに!たこ虹ぶろぐ」Powered by Ameba

エビ中の妹分である「たこやきレインボー」からレッドの奈良崎とわちゃんが卒業することを知って急いでブログを書いている。というものの、前回の記事にも書いた「ハマりかけているもの」というのはずばり「たこやきレインボー」だったからだ。   

 初めて聴いた曲はスタダアイドル界隈ではお馴染みのヒャダインさんプロデュースの「なにわのはにわ」。三月辺りにYouTubeでMVを視聴した時から何だかよく分からない歌詞と特徴的なメロディが頭から離れなかった。そのあと「オーバー・ザ・たこやきレインボー」を聴いて何これみんな可愛すぎ!とあっという間に好きなグループのひとつになった。

 

それまでたこ虹ちゃんの存在は知っていたけれど、初めて写真を見た時(曲を聴く前)はただ幼すぎるっていう印象だけだった。世間的に見ればエビ中も当時中学生のメンバーがいたし、もう大体年下のアイドルが好きっていう同じ括りの中にいるんだろうけども。でも、「なにわのはにわ」という特徴的な曲に惹かれて興味を持った。アイドルって容姿もキャラも大切だけど、楽曲も同じくらいに魅力的である必要があるのかな、なんて思った。

 

「なにわのはにわ」を聴いたとき、最初に気になったのは「れんれん」こと根岸可蓮ちゃんだった。歌声がすごく自分好みで、小さくて、髪の毛さらさらツインテール。コメント欄にも書かれていたけど、確かにエビ中のひなちゃんぽいところはあるかもしれないと思った。すごく美人だなと思ったのは「さきてぃ」こと清井咲希ちゃんと「さくちゃん」こと彩木咲良ちゃん。「まいまい」こと春名真依ちゃんは「女王の教室」に出てたあの女優さんに似てるなと思い、「くーちゃん」こと堀くるみちゃんはダンスも声ものんびりおっとりしてるなというそれぞれの印象。なんか目を奪われるなというのが奈良崎とわちゃんだった。    

ちょっと余談だけどスタダのメンバーカラーが赤の子って正統派美少女、万人受けするような子を持ってきてないのかも?と個人的かつ勝手な解釈。ももクロ夏菜子ちゃんも元エビ中の瑞希もとわちゃんも勿論みんなすごく可愛いけど、ちょっとクセがある可愛さっていう気がする。私の中のアイドル像は、赤がリーダーでグループ内一のルックスという典型的すぎるテンプレがあったからかもしれない。しゃちほこはあまり知らないのでなんとも言えないのだけど、超特急のユーキもそれに当てはまってると思う。(これはどうしても入れたかったw)

 

とにかくたこ虹ちゃんも正統派に可愛いのはさきてぃ、さくちゃんの二人だなと思いつつもとわちゃんに目が行く状況だった。惹かれたのは振付の動作がきびきびしてて、一生懸命やってるんだなっていうのが分かりやすかったっていうのもあるかもしれない。詳しくは知らないけれど体調不良の中とわちゃんがライブやツーショ会をやりきったと聞いて根性あるなと思ってて、だから今回学業優先で卒業っていうのはすごく驚いた。まだあまりたこ虹界隈に知識がなく興味を持ち始めた今、この一件はすごく寂しいことだけど、とわちゃんには勉強頑張ってほしいと思う。五人になったたこ虹ちゃんにもこれからたくさん活躍してほしいな!       

こないだ友達とカラオケに行ったら期間限定で「なにわのはにわ」が本人出演のMV映像で歌える!というコマーシャルをやっていたんだけど、さすがに自分以外の人がいる前ではあのインパクトが強すぎる曲を歌う勇気はなく見逃した私だけど、たこ虹ちゃんのことも応援し続けようと思った!

 

文章の完成度はさておき、ブログでは書きたいことがたくさんあるのにどうして学校のレポートとなるとキーボードを打つ手が進まなくなるんだろうな……。