読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミホシプラネタリウム

アイドル・非アイドル・二次元についての忘備録

BULLET TRAIN ONEMAN SHOW SPRING HALL TOUR 2015“20億分のLINK 僕らのRING” 4/1 NHKホール

natalie.mu

 

4月1日に渋谷のNHKホールで行われた超特急のツアーに参戦してきました。

超特急に会うのは去年のクリスマスで国際フォーラムにて行われたクリスマスライブ以来。色々な理由で元々現場に行く回数が少ない上、ここのところ他の趣味に夢中だったこともあり、当日までライブに行くという実感があまり湧かないまま都内に赴きました。

 

物販の整理券が11時くらいから配布していましたが、私はそれには加わらずに(かつて?)流行りのパンケーキ屋さんの行列に並んでいました。

前回、国際フォーラムでは開場後の物販はほとんどが売り切れで、買うつもりもなかったズラ……スタギアの生写真だけ手に入れるという失敗を経験したので、パンケーキ屋の列並んでいる途中は頭の片隅でグッズの心配をしていたのですが、結果からいうと杞憂でした。どのグッズも売り切れなしで購入することが出来たので、そこはよかったなと思っています。

 

流行りのパンケーキを食べたり、服屋を見たり、代々木公園で桜を見たりと、全くライブ前のヲタクらしい行動をせずに開場30分前を迎えてNHKホール前で待機していました。

することもなかったので、門の前にたくさんいる8号車さんを眺めながら友達と話をしていました。身につけている推し色を見るとやっぱり黄色が多いな〜という印象を受けましたね。

 

しばらく待機した後、開場待ちの列が出来ていることを知って並ぶことに。私たちが加わった時にはもう結構な人数の人がいました。この行列は一体いつから出来ていたのだろうかと疑問を抱きつつ並んでいると、ほどなくして開場。

入口でフライヤーの入った袋とピンポン玉を受け取ります。このピンポン玉は後々ライブで使うことになるのですが、渡された時はどうしてピンポン玉?と不思議でしかなかったです。

物販列の流れは意外と早くてわりとスムーズに目的のものを買うことが出来ました。私が買ったのはペンライト1本、パンフレット、生写真を1弾ずつ。他の8号車さんと比べたら出費は少ない方かもしれません。それだけでも5000円は越えるので、推し事は懐には厳しいですね。

 

グッズを買ったあとは待ってくれていた友達と合流し、席に座りました。今回の座席は2階の真ん中あたり。実は前回の国際フォーラムがすごく良い席だったし、初めての2階参戦ということでとんでもなく遠いというイメージを持っていたんですよ。けれど、実際座ってみるとそうでもなかった。疎外感もないし、むしろ俯瞰する形なので全体を見ることが出来るのでこれもありかな?と思いました。

 

買った生写真を開封したり、ピンポン玉にメッセージを書いていながら開演を待っていたところ、突然黄色い声。席が近くの8号車さんたちは立ち上がって歓声を上げペンライトを振っていました。「瑞生」という名前があちこちから叫ばれて、その時私はようやくみんなの視線の先にいる男の子たちが超特急の弟分「M!LK」のメンバーだということに気が付きました。もう、とにかくすごい盛り上がりでした。「M!LKだ!!!」という声が私の耳には全く聞こえず、メンバーの板垣瑞生くんの名前を呼ぶ声が非常に多かったです。かくいう私も瑞生くんが在籍しているグループという認識しか持っていないので、偉そうな口はきけないのですが、もっとグループ自体や他のメンバーも目立っていけたらいいですよね。

 

そんな出来事を体験したあと、ライブが開演。今回のテーマは宇宙旅行で、ステージの造りや衣装にも宇宙感が出ていました。セトリや詳しい流れはナタリーさん等に掲載されているので書かなくてもいいですかね。

ゼップツアーにて間に流れていたムービーでやったことを生でやる感じのところが多くありました。ライブとしては途切れ途切れな印象を持ってしまいましたが、途中で飽きたり冷めるようなことはありませんでした。ただ、こういう演出もたまにはいいかなーっというくらいに私は捉えていました。時間が経った今振り返っても、構成や見た目だけが頭に残って、メンバーのダンスとか歌とかあまり覚えてないんですよね。ライブに行った感が少ないように感じました。

でも、メンバーが3・3・1に分けてパフォーマンスするのはすごく面白かった!!!バッドボーイズは歌詞の内容が面白いし(8号車なんて知らねぇ、口うるさいマネージャーなんて知らねぇ みたいなこと)、コーイチの歌声はもちろん、カイさんのラップにリョウガさんのイケボがすごいよかった。もうあの曲のフル聴きたい!!!ヴィジュアルも最高でした。田舎のヤンキーみたいなコーイチ、都会の路地裏で危ないことやってそうな(?)カイさん、完全にお金の臭いしかしないあちらの世界の住人ぽいリョウガさん!!

Perfumeきゃりーぱみゅぱみゅを連想させる女性アイドルグループ、コロンに扮したのは、ユーキさん、ユースケ、タカシくんの三人。ユーコ、タカミはもう安心して見れますね。特にタカミは二階から見たらもう本当に女子にしか見えませんでした。女の子らしいポーズでジャンプをする振りがあったのですが、タカミはちょっとぎこちなくてもうそれがすごい可愛かった。ユーコは場数を踏むたびに、より女性らしくなっている気がします。ユーキには是非、そっちの道(?)も極めてほしいですね。ユースコ(すごい名前)は振りが男らしかったですね。ウィッグが合わなかったのか、途中で外してそれを片手に踊っていました。

あとは何と言ってもタクちゃんのソロ歌唱。しかも演歌チック!演技を含め、4号車推しの方々にとってはすごい多幸感だったのではないでしょうか。歌は微妙な音痴具合が可愛くて面白かったし、演技パートでは役者としての一面を見ることができました。実はこのライブに参戦したあと、一番気になったメンバーはタクちゃんかも、っていうくらい私の中でキテましたね。元々、タクちゃんのキャラとか踊っている時の表情がすごい好きだったのですが、パフォーマンスを見てる時ぼんやりと「あぁ、緑のペンライト振りたい」と考えていました。

とにかく、この2つのグループと歌うタクちゃん見たいので、円盤買いますね。今回の笑いメインな方向に限らず、真面目な雰囲気の中でもこういう風に7人を分けて楽曲を披露するっていうのも今後やってもらいたいです。

あと、衣装チェンジの時のムービーもよかったです。メンバーが号車の数を手で示して、戦隊もののように変身していました。リョウガさんだけ愛犬・ティアラの写真ていうオチもよかったし、メンバーの素肌(ただし肩まで)が見えるところでは興奮した8号車の声がホールに響いていました。腹チラと思わしき写真もブログではスタンプやキラキラで隠される待遇を受けてますからね。ご褒美感覚ですね。ただこれだけは言わせて下さい。衣装ダサすぎ!!!!8号車カラーのピンクを入れたいのは分かるけれど、配色も微妙だし、何よりスカートみたいな丈の長いトップスが個人的にNGでした。このガンダム的な制服に限らず超特急の衣装は、むしろ「かっこいい!!!」と思ったものの方が少ない気がします。あんなにダサい衣装でも超特急はかっこいいよ!!!っていうのを狙っている、もしくはももクロの弟分ということを意識して色物に走っている……というのは私の妄想ですが、衣装ってやっぱりすごく大事だと思うから、もう少しいい衣装をお願いしたいです。

 

ライブに話を戻しまして、今回のユニット分け以外の見所と言えば、メンバーが客席に降りてくれるところではないでしょうか。開演前に8号者が推しメンにメッセージを書いたピンポン球……もといエナジーボールを、「ikki!!!!!i!!」の途中でメンバーが栗拾い用みたいなカゴを背負って回収しに来てくれました。すごいのは、メンバーが来たのが1階だけではないというところです。これはステージから離れた座席のファンには嬉しい演出ですよね。私のいた2階にはリョウガさんとユースケが来て、エナジーボールを回収していきました。席の近くに来たのはリョウガさんだけで、且つすぐ横を通ったという訳ではないのですが、やっぱり間近で見るとイケメンだなぁ、としみじみ思いました。ただ、回収に時間が掛かってしまい、中だるみした印象はあったかもしれません。一番早くステージに戻ったコーイチが掛け声を出すように客席を煽ったり、タカシくんと二人で声出し合戦みたいなのもやってくれましたが、ワンパターンだし、客席にいるメンバーが気になったり、疲れもあって余計時間が長く感じてしまいました。けれど、これはしょうがなかったんだろうな。ステージからの移動や8号車を気にしながら会場全体を回るのはすごく大変だし、ピンポン球といえどあれだけの量を背負うのは重いし、間を持たせるのも難しいですよね。

エナジーボールはおよそ3600人の中から選ばれた1人の8号車さんのものが推しメンに読み上げられ、後日Twitterでもいくつか画像つきで紹介されていました。私は本当に一言しか書かなかったのですが、8号車さんの愛のこもったエナジーボールを見て、もっとちゃんとしておけばよかったなぁとww

 

そしてこの日の公演では超特急初の主演映画「サイドライン」の制作決定が発表されました。その日はエイプリルフールだったので、普通に冗談だと思い込んでいたのですが、本当でした。果たして超特急に演技は出来るのか、この公演の劇パートを見た限りでは不安しか感じられないメンバーもいるのですが……どんな作品になるのでしょうかね。メンバーの演技力だけでなくストーリーも気になります。今秋公開ということで、情報解禁が楽しみです。

 

 

他にも、最初にメンバーが登場したときに謎のお面を付けていたために顔が全く見えずノリ遅れたり、ユーキさんの跳び箱15段チャレンジに興奮したり、胸キュン台詞に笑いながらも「どうしてボーカル二人は言わないの!?」と密かにむくれていた、という話がありますが、割愛します!「Burn!」と「What's going on?」の振りがコミカルすぎてビックリしたこと、「Billion Beats」の振り付けが国フォと変わっていると気付いたこと、というのも今更思い出したのですが割愛します!パンケーキうんぬんより、そっちの方が大切ですが、長くなるし気力もないので(小声)

 

さて、振り返ってみると文句しか書いてないようですが、ライブすごく楽しかったんです本当に!!!7月のツアーも参戦する予定なのですが、今度はどんなテーマや構成になるのか今から楽しみです。

ブログの方はもっとこまめに更新することを目標に!ツアーパンフレットの感想とか書きたいなぁ……。