読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミホシプラネタリウム

アイドル・非アイドル・二次元についての忘備録

BULLET TRAIN ONEMAN SHOW SUMMER LIVE HOUSE TOUR 2015 ~fanfare to you.~≪追加公演≫ 8/28 渋谷公会堂

に参戦してきました。

ブログの更新頻度を見れば一目瞭然なのですが、最近超特急に関して時間を掛けていません。興味が薄れたのは、今は他のグループやジャンルをゆるく追いかける方が楽しいということ、楽曲が自分の中でハマらなかったというのが大きな理由です。メンバーもダンスも、ボーカルの声も好きだけど、同じくらいまたはそれ以上に「曲」が好きなのかもしれないと考えていました。

 

 

渋谷公会堂はよく聞く会場名ですが、今回初めて入りました。春ツアーを締めくくったホールであるNHKホールと結構近いんですね。訪れた時は気付かなかったのですが、12月にライブを行う代々木第一体育館も近くにあるなんて……またクリスマスライブには参戦する予定なので、馴染み深い場所になりそうです。

ここからは曲に沿って感想を。最初に言っておきますが、かなりうっすーい内容になってます。

01. Shake body

最初は場の雰囲気というか、あぁ超特急のライブに来たんだなぁということをしみじみと感じていましてメンバーをあんまり見ていませんでした(笑)

02. Superstar

ここら辺で自分の知らないコール(合いの手?)があって、ちょっと現場との距離というか熱量の差を実感します。

 03. Make it hot!

やっと乗れてくるようになった頃。初めて彼らを生で見たZepp夏ツアーを思い出しながらペンラ振ってました。

04. バッタマン

最近の曲では一番好きかな。「はちごうしゃあああ」の叫びはユースケがやっていたの?とりあえずモニターに抜かれた変顔が相変わらずひどくてお見事です。(嫌味じゃなくて本当に褒めてます!)年下組のキス間近な接触シーンは何故かコーイチさんを見てて見逃しましたクソッ。

05. スターダスト LOVE TRAIN

実はバッタマンに比べるとあまり自分好みじゃなかったのですが、初めて生で聞いた感想は「これってこんなにいい曲だっけ?」です。現場で映える曲なのかな、テンポのわりにペンラの動きもよくて盛り上がっていた印象。振りがカッコよい。タクちゃんは自分がセンターの曲では魅力が三割増しになる気がする。

06. We Can Do It!

これは夏ツアーの演出が大好きでした。でもあれは、プロジェクションマッピングがすごすぎて振りがよく分からなかったので、今回ちゃんとダンスを見れてよかった。セクシーなシーンでは表情豊かで大人な魅力があるカイさんに目が行きます。

07. Kura☆Kura

ペンライト回すのが楽しすぎてあまり覚えていません……

08. Kiss Me Baby

曲に入る前になにやらユーユー(ユーキ・ユースケ)コンビのいちゃいちゃが始まり、何だ何だと真顔になってしまいましたが、場位置に移動させたというオチ。「キスミーベイベ」のユーキさんの表情すごく好きです。口元は笑ってるのに、冷たい三白眼。

09. Secret Express

カッコイイ曲なのにライブでやるとすごく盛り上がってヲタクくさくなる、そんなシーエクが好きです。この前のMC(声だし)であざといアピールをしたタクちゃん、ファンを弄んで嬉しそうでした。8号車も幸せタクちゃんも幸せ。これがWin-Winってことなんですね!

10. Summer love

これもほとんど聞いたことがなかったのですが、アイドルちっくでキラキラしてて、こういう曲も楽しいですね。振りが可愛かった。

11. Pretty Girl

これも夏ツアーを思い出す……振り返ってばっかりですが、アクロバットをしてフードをかぶっちゃったユーキさんがコーイチに外されて頭をわしわしさせられた時のあの顔が!!忘れられないのです!!

12. EBiDAY EBiNAI

これはやっぱりボーカル組の声に聞き惚れる曲です。ラストサビ前コーイチさんソロパートで彼の声、やっぱり好きだなと再確認。

13. One life

恥ずかしながら音源を持ってないので、春ツアーで披露してなければ初聴きです。リョウガさんが一番好きな曲なんですね。今度MP3買います……

14. Billion Beats

生で聴くと歌詞の内容がしんみりと、さらに心に深く入ってくる。好きな曲です。サビでメンバーがステージのギリギリ前まで来てくれて上を見ながら踊ってくれたのが嬉しかったなぁ。

15. fanfare

初めて聴きましたが、まさにエールを貰える元気な曲です。センターは誰だったんだろう?この曲はどこに収録されるの?と情報弱者に成り下がった私はふと疑問に思ったのでした。

16. Burn!

春ツアーで初めてパフォーマンスを見たとき、正直この振り(特にサビ)はあまり好きじゃなかったんです……でも今回やってみると意外と楽しかったので、こういうのも有りなのかなとすんなり受け入れられました(単純)。間奏明けのパートは、毎回じゃんけんで勝ったメンバーが歌えるんですね??今回歌ったのはユースケでした!推しが勝った公演を見れたのも嬉しかったし、ユースケがすごく楽しそうに歌うのでこっちまでニヤニヤしてしまいました。

17. Beautiful Chaser

ここからアンコールです。ドラマのタイアップにもなっててアー写もカッコいい、ユーキさんセンターってことで勝手に色々期待していましたが、自分の中ではハマりませんでした。生で見てもやっぱり振りが……気になっちゃいます。ギターの音がすごく、カッコよかったです。

18. Signal

この曲もちゃんと聴いたのは初めてで……大切なアンコールなのに……。音源チェックして聴きこんでおきます。

19. 走れ!!!!超特急

もうライブでは定番!電車ごっこの振りが本当に大好き。この曲は生に限りますね。とか言いながら感想少ないんですけど……

 

MCでは、自己紹介で聞き慣れないワード(ユーキさんのアイムハッピー!など)があって、不安になったものの面白かったです。タクちゃんがあざといキャラになったな、と感じたのですが、前からあんな感じでしたっけ?

最期のMC?でコーイチさんが「また福岡にラーメン食べに行きます!」といって「福岡だけかよ!」とみんなから突っ込み。「じゃあ北海道に……バター食べに行きます!」とのボケにはタカシが「濃厚すぎるやろ!」という突っ込み?(可愛かった)を入れる。それに対してカイさんが「濃厚すぎるってなんだよ!」と言ってて面白かったです。あとは、大阪の8号車はすぐ言い返す(口が悪い?)、と言われてタカシが「ちょっと~大阪のみんなも見てるんやから~」みたいになってたところすごく可愛かったです。

あと、一番心に残ってるのはコーイチさんが結構いい事を言ってる、静かに聞くような場面でちびっこ8号車ちゃんが声を上げちゃった時、「俺の話分かるん?何才かなぁー3才くらいかなぁ?うちのタクちゃんと同じぐらいやなぁ」と言って微笑んでてすごい機転がきく人だなぁと感心してしまいました。子どもだからしょうがないと思いつつも、気になっちゃう8号車も居たと思うんです。でもそれを、誰も傷つけないで空気を変えて笑いにするのはすごいなと。なんだかんだ一番印象に残ったのはこのシーンかもしれません(笑)

最後の一人ひとりの挨拶、「じゃあ一人ずつ一言言っていきましょうか。あぁ俺からか一号車やから(笑)」とギャグから始まった。大切なことを伝えるコーイチさんの落ち着いた声が、自分の中ではライブを楽しむ心からメンバーの話を聞く心構えに切り替わるスイッチなんです。コーイチさんはいつも「これからも着いてきてください」って言ってる気がするな。文字だけ見ると、俺たちがファンを引っ張る!という男前な発言にとらえがちだけと、すごく優しいトーンで言ってくれて、この言葉を聞くたびに好きになってよかったなと嬉しくなります。

「何公演と続けてやっていても、僕たちのライブを初めて見る人がいるから一回一回をきちんと大切にしないといけない」と語るカイさん(ニュアンスです)。カイさんの言葉や考え方が好きなので、もっと超特急の色々なことについてどう思っているのか聞きたいですね。

ガリガリーダー・リョウガさんの一言はダイエットトレーナーのアドバイスみたいでした(笑)こういう最後の言葉があってもいいよね!このツアーでガリガリになれなかった人はまたライブ来てくださいとのことです。

タクちゃんは「ライブの間が結構空いていたので色々考えることがあった」と言っていて、そこがすごく気になりました。意外だったのは「代々木が心配」発言でした。タクちゃんには天才肌で容量がいいイメージがあったから、そういうことをあまり深く考えないでいると思ってたので……。やっぱりインタビューとか、文字を通してメンバーの内面をもっと知りたいと感じました。

ユーキさんが涙をにじませながら喋る言葉は誤字脱字満載のブログで綴られるものとまさに同じで、ユーキさんらしい単語選びの中に確かな努力と向上心が垣間見えました。

1日目足を攣ってしまったことを「みっともなかった」と強く言い切ったユースケ。彼は泣かなかったですし、多くを語らなかったと思います。どんな気持ちであの場所に立っていたんだろう。

タカシの「高校を卒業して、初めてのツアー」「超特急1本でやってく」という言葉に、彼らはそういう職業・プロの道を選んだんだなぁと実感しました。地元を離れ、一人暮らしを初めたタカシだからこそ、地方公演の楽しさをより感じられたのかもしれません。

 

 

今回のライブではファンの一体感というのも、自分の中で楽しめたのかなと思います。コールとか正直苦手だけど、8号車さんの声掛けとペンラさばきが揃っているのを見聞きして、自分の中のテンションが上がっていくのに気が付きました(笑)ペンラまわすのすごく楽しかったなぁ。

 

最近超特急について、積極的に情報を得ようと動くことがなくなって、前は写真一枚見ただけでも「○○のこのポーズかわいい!髪型似合ってる」とか散々語れるようになってたのに、最近は「おーやっぱカッコいいなぁ」の一言で済んでたりして。それがヲタ卒というのか、そもそも私は本当に超特急ヲタだったのか、それは分からないけど、熱度に差はあれど彼らを応援しつづける、ファンであることには変わりないです。次に彼らを生で見るのは12月です。とてつもなく広い会場で、どんな彼らを、どんな自分が見て、どう感じるのか……楽しみです。